クリスマス 博士のあいさつ

c0199096_22404470.jpg
クリスマス-東方の博士のあいさつ   (アクリル)


2002年のクリスマスの教会用のフライヤーのために描いたイラストです。
今年釧路の教会で、この絵を白黒でフライヤーに使ってくださったようで
そのフライヤーを牧師先生が送ってくれたのでした。
(私は釧路でもフライヤー担当していたのでこの絵を使ったことがあります)
その釧路教会のフライヤーを母に見せたら「原画が見たい」というので
何年かぶりに引っ張り出しました。




マタイによる福音書 2:1~11 (リビングバイブル)


イエスはヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムの町でお生まれになりました。
そのころ、天文学者たちが、東の国からはるばるエルサレムにやってきて、
こう尋ねました。

   「このたびお生まれになったユダヤ人の王様は、どこにおられますか。
   私たちは、その方の星をはるか東の国で見たので、
   その方を拝むために参ったのです」

それを聞いたヘロデ大王は、ひどくうろたえた。
エルサレム獣がその噂でもちきりになりました。
 
大王はさっそくユダヤ人の宗教指導者たちを招集し、
   「預言者どもは、メシア(救い主)がどこで生まれると告げているのか」と尋ねました。
彼らは答えました。
   「ユダヤのベツレヘムです。預言者ミカがこう書いております。

   『小さな町ベツレヘムよ。
   お前はユダヤの中でも決して
   ただのつまらない町ではない。
   おまえから偉大な支配者が出て、
   わたしの国民イスラエルを治めるようになるからだ』

そこでヘロデは、ひそかに天文学者たちを呼びにやり、
例の星が初めて現れた正確な時刻を聞き出しました。

  ~中略~

彼らがさっそく出発すると、なんと、あの星がまた現れて、
彼らをベツレヘムに案内し、とある家の上にとどまったではありませんか。
それを見た彼らは、おどり上がって喜びました。
 
その家に入ると、幼子と母マリアがおられました。
彼らはひれ伏して、その幼子を拝みました。
そして宝の箱を開け、金と乳香と没薬を贈り物としてささげました。




絵には神学的にいろいろご意見ご注文もあるかと思いますが
ま、いいですよね^^;

博士たちはベツレヘムまでは星が見えていたのに
ベツレヘムに入って星を見失ったか、
人に「お生まれになったユダヤの王様はどこですか?」と聞いています。
それで王様なら王宮にいるだろうということになったのですね。
でも王宮には赤ん坊はいなかった。
メシアの誕生を恐れたヘロデ王はその子を殺す目的で
博士たちにその子の居場所を教えるようにいいます。(中略の部分)
で、王宮を出た博士たちはまた星を見いだしイエスのもとにたどり着きます。
でもその後夢でお告げを受けて王宮には戻らず別の道で帰ります。


星を見失うって面白いですね。
近づくと見えなくなるものってありますよね。
愛とかもそうじゃないですか?^^;

「OOならはあそこにあるはず!」ってきらびやかなところを目指してみたり^^;

『ああ違ったんだ…』って気づいたときに
また星を見出すんですよね。
博士ったら、もう!私と同じじゃん…^^;

メーテルリンクの「青い鳥」を思い出したりして…

「幸せってこんなところにあったんだね」


イエスさまを求めていたのに近づいて見えなくなっている人いませんか?
教会という器とか、クリスチャンという人とかじゃなくて、
イエスさまという星を見上げて見失わずにいきましょう。
イエスさまと会い、体験し続けるために。。。

…と自分に言ってみる^^;
[PR]
by widow-motokichi | 2010-12-12 22:45 | 信仰