c0199096_155548.jpg
Fish (The Death and Burial of COCK ROBIN 3 )  オイルパステル・バターナイフ     





Who caught his blood?
I, said the Fish.
With my little dish、
I caught his blood.
 

(英語を現在の文章に変更しました)



だれがその血を受けたのか?
「それはわたし」と魚が言った。
「わたしの小さなお皿でもって
わたしがその血を受けたのよ」


(ホルプ出版訳)


FISHの続きをよむ
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-28 15:56 | 絵とあれこれ
c0199096_22333115.jpg
                きっちょの枕の羊ちゃんです


クックロビン3ページ目の「Fish さかな」はいま作成中です^^



さっきまで聖歌隊の練習に行っていました。
行くまではすごく調子悪かったのです。
だいたい昨晩も2時から6時、きっちょにつきあって寝られませんでした。。。
それでまたくしゃみが出たり咳も出て
喉は痛いしさんざんでしたのです。。。

ところがなぜかとっても開き直って楽しく練習に臨めた!
そしていつもよりずっと歌えた!

具体的にいうと「ミ=E」からその上の「ミ=E」までは出ました。
讃美歌歌いのソプラノとしてはまあまあというか、メゾの音域ですが、まあまあ。。。あとは出してるふり。。^^;


本当に奇跡がおこるかも!
日曜の福音ルーテル新札幌礼拝堂のコンサートもがんばる元気が出たし、
あとはお祈りして神さまに委ねます。。。


お祈りしてくださっているみなさん、本当にありがとうございます。





お礼にわたし的に世界一美味しいカキアゲのご紹介 (わたし的に世界一?矛盾してませんよね??)

① 長芋と人参を5mm角ぐらいの細長切りに、
② ゴボウをささがき(これはお好み、味が濃くなります)
③ ホタテ貝柱生食用をひとり小さめ一個ぐらいで8mm角ぐらいのダイスに。。。わたしはヒモも切って入れます。

てんぷら用のタネをつくって全部グルグルかき混ぜて
180℃の油で揚げます。
「水分よ、とベー!」と念じながらじっくり揚げます。

ホタテをカキアゲにすると何でこうも美味しいかな^^!
世界一うまいよーといつも思います^^☆”
フワッサクッ!うまっ!0o(。@▽@。)o0!

あ、長芋も必須です。あまり知らないでしょ?美味しいからやってみてね^^
てんぷらはじっくり揚げてもなかなか中まで温度が上がらないものなので
ホタテは生で食べられるものの方が安心です。

わたしがてんぷらを上手に揚げられるのはひとえにガステーブルの優秀さゆえA^^;
ちなみにこのレシピは家家の母のものです。


わたしはいつもお肉の脂以外はあまり油分をとらない食生活ゆえ、
たまーにてんぷらもよいでせう^^

でもちょっと太ってきたかもね。。。^^;




<追記>


聖歌隊の練習の帰りいつも車で送って差し上げるKさんに
「あさって歌えたら神の奇跡だよ!」って言ったんですね。
そしたら「そんなの奇跡じゃなくて神の必然ですよ」って言われて
「うん。くすしき御業(みわざ)っていうか…」って言ったら
「それは神のなせる業です!」って鮮やかに言い切られました^^☆”

うれしいなー。ホントそうなる。感謝。

でもわたしたちは相手のことは強く信仰に立って言い切れるんですけど
自分のこととなるとヘタレなとこが似ています^^;

ま、みんなそうね。
だから仲間が必要。。。与えられていることに感謝。

お互い「来年グロリアコール続けられないかもー」なんて言って、
でもきっと続けることでしょう。。。不安がりながらも。。。^^;

お祈りに感謝いたします(11/29分記事転載)
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-27 23:05 | 日々のあれこれ
c0199096_18264128.jpg
Fly (The Death and Burial of COCK ROBIN 2 )  オイルパステル・バターナイフ     





Who saw him die?
I, said the Fly,
With my little eye,
I saw him die.
 

(英語を現在の文章に変更しました)




だれが見たのか、死ぬとこを?
「それはわたし」とハエが言った。
「わたしの小さな目でもって
しかと見たわよ、死ぬとこを」


(ホルプ出版訳)


FLYの続きをよむ
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-26 18:41 | 絵とあれこれ
c0199096_1324838.jpg
Sparrow (The Death and Burial of COCK ROBIN 1 )  オイルパステル・バターナイフ      




Who killed Cock Robin?
I, says the Sparrow,
With my bow and arrow,
I killed Cock Robin.  


(英語は現在の文章に変更しました)





だれがコマドリを殺したか?
「それはわたし」とスズメが言った。
「わたしの弓と矢でもって
わたしがコマドリ射殺した」


(ホルプ出版訳)


SPARROWの続きをよむ
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-24 23:36 | 絵とあれこれ
先ほどアップしたけれどやっぱりもう少し手をかけます。
やっぱりもう少し丁寧な仕事しないと。。。
見てしまった方
多分明日の夜には同じ絵をまたアップします。
これに懲りずに見に来てくださいませ。。。


(ハエをかくのを遅らせるコンタンなんじゃないの?)
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-24 00:07 | 絵とあれこれ
c0199096_2310815.jpg
The Death And Burial of COCK ROBIN (クックロビンの死と埋葬) 表紙?習作 オイルパステル




いやー、絵を描くのが楽しくて止まらなくなってしまいました^^
相変わらず声は出ません。
話そうとしたらピーっていいます。ピー。
今日はお茶の稽古を休みました。


さて座敷犬はこっちに置いといて^^;
クックロビン(コマドリ)の絵本をつくるつもりでかきはじめました。

試行錯誤なので絵は毎日風合いを変えることとおもいます^^;
さてかき切れるでしょうか?
(最近このPCは「描」という字が出てこなくなりました…なんだら?)





<追記>


ところで鳥って死んじゃったら
足の指は開くのでしょうか?
ぎゅーっと握るのでしょうか?
どなたかご存じの方、お教えくださいませ。。。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-21 23:23 | 絵とあれこれ
c0199096_2244188.jpg
             自画像 安息  えんぴつ




前回のは下絵もなしにいきなりオイルパステル塗り込んでできましたが、
自分の顔がうまく描けなかったため
今度はちゃんと目をつぶった写真を撮って描きました。
とは言ってもこの寒い中わざわざ服を脱いで撮ったわけもなく
着衣で撮ってあとはいつものように触って描くという中途半端なもの^^;
はじめ服のままで描きはじめたものの
着衣はそれ自体が意味を持つため難しくとりました。
だからちょっと顔から下はデッサンに自信ないです。



これはもともとは
[座敷犬の死と埋葬]という
マザーグース[クックロビンの死と埋葬]からもじったテーマで
ちゃんと棺桶に入った自分を着色で描こうと思ったのです。
座敷犬とは私のことです。
丸衿の白いブラウスで花に囲まれて。。。
エスキースにするつもりでした。
でもなんかただ眠っているだけだな…と。
ちゃんと仕上げる自信がなくなってこれで完成にすることに^^;
その時点で服を取りました。



写実じゃない形でいつか描こう。
私好きなんです。
マザーグース。




同じ[Requiem]でも[主による安息]にしましょう。





前にもつけたのですが、大好きな演奏でガブリエル・フォーレ[レクイエム]より[ピエ・イエズ]






咳がひどくて相変わらず声が出ません。こまっちゃった。
せめて今日はゆっくり眠りたいな。。。きっちょがね。。。

主よ、きっちょと私に安息を。。。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-20 23:45 | 絵とあれこれ
c0199096_192842100.jpg
            宗教画的ふたりの自画像 「黒いダウン」   オイルパステル 



半年ぶりに絵を描きました。



高のこと偶像化してる?
サラには及びません^^


高は去年の今ごろH札幌病院の麻酔科に通っていましたが
すでにそのころガンの脊椎転移による圧迫骨折があったので
痛みに腰を曲げて歩いていました。
車から降りたら私の肩につかまって歩いていたのでした。

でも高はつかまりながら
私に恵みを与えていた…という、そういう絵です。




鼻の高い高の顔は描きやすいけど
私の顔は描きづらくて、
すみません、ノーズシャドウ入れすぎたと思います。

私の顔は似てないな。。。




一昨日あたりから微熱がなくなりました!
しかし今喉が半端なく痛いです。
血痰も…orz (粘膜が弱くてしょっちゅうなる)

まいったなー、もう。。。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-16 19:43 | 絵とあれこれ
c0199096_16103037.jpg
         赤いお空をつかもうと… 




昨日の夜は高の友人でこないだのコンサートのホストバンドをしてくれた
Just Friends Quartet (JFQ) のみなさんのライブに行ってきました。

誘って来てくれたTちゃんはいきなりJFQと初合わせで[My Funny Valentine]を見事にやってくれました。
いや、ほんと素晴らしい声!上から下までよく鳴る楽器をお持ちです。体が鳴っているし。。。
しかも自由。そして思想がある。すごかった、Tちゃん。
旭川からノリさんも来て[Tristeza]もやりました。

ジャズやる人ってすごいね☆”!


JFQは私はじめて聴いたんです。
ジャズなのにオリジナル曲が多くて、その完成度の高さにびっくり。
Rossoさんの新曲なんて他のメンバーは「今日はじめて譜面見た」という状態ながら
すばらしい演奏でした。曲も良かった^^
ピアノ譜を見せてもらいましたがすばらしく完成された美しい譜面。
ちゃんと音符で細かく書いてあります。
甘えのない作曲者としての職人の仕事とお見受けしました。
それをまたアレンジ利かせて曲に生きた息吹を吹き込むMさんも職人。
ベース、ドラムスもしかり。

そしてピアノのMさんが作曲した高に捧げて書いてくださった[AtoZ]。。。
なんて美しく清んで明るい、かわいらしくて、湿っていないリリカルさがある曲!
すばらしい。
飄々として明るく、存在で愛をしめした高にふさわしい曲。
『こんな風に思い出してもらえるなんて、高はなんて幸せなんだろう…』というような曲でした。
透明でカラッとして、でもあたたかい思いが伝わって涙が出ました。


さて、Rossoさん(トランペット)の書いた譜面は私にはとてもなじみがあります。
と言うのも、高はホーンセクションのアレンジのほとんどをRossoさんにまかせきりで
しゅごッチィさん(トロンボーン)も書いていたのですけれど、(3バンド平行してましたからすごい量です)
高はとうとう1曲も書かなかったのですね^^;
しかもテナーサックス用の転調譜面を書くのは私にやらせることが多かった。
それで私はRossoさんの譜面を見慣れていたというわけです。

でもところどころ私の譜面が間違っていたりして
「Oっちゃん違ってたよ!」とかライブのあとで怒られたり。。。
つまり高もステージで初見ということが多かった。
昨日もその話をして笑ったんですが、
Rossoさんが言うには
高の眉毛が上がって、ふっと目を見開いて譜面を見たまま表情が凍り…
「そういうときにはアイツは吹いてない!」とのこと^^;
で、ホーンの箇所が終わるとホッとしたようにニコッとするのですねAAA^^;

ああ、でもこの3人のユニゾンとハーモニーの美しかったこと!奇跡のように美しかった。
もう聴けないなんて。。。




遊びをせんとや生まれけむ
戯れせむとや生まれけん
遊ぶ子どもの声きけば
我が身さえこそ動(ゆる)がるれ

                (梁塵秘抄 巻第二 四句神歌 雑)



高は遊びを貫いた人生でしたが(仕事もぜんぜん手を抜かなかったです…)
あの人たちはみんなそうですね。



体だけ大事にしてほしい。
ほんとに。ほんとに。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-15 17:06 | 音楽とあれこれ
c0199096_2214595.jpg
                スケスケな葉っぱ 



ずいぶん体が楽になってきました。
熱も37度前後ぐらいです^^
よかったー☆

やっぱりブログをサクサクアップするとリズムが整うわー^^


コンサートはとても良かったと思います☆
主に感謝。
先生もすばらしかった。
星野富弘さんなどの日本歌曲すばらしかった。
いつものカッチーニのアヴェ・マリアもすばらしかった。
ブラーヴィ!
ハンドベル、弦楽アンサンブル
ブラーヴァ!
グロリアコールはいかがでしたか^^?


私は昨日はグッタリでしたが今日は日暮れとともにだんだんなんかいい感じです。
午前中はフラフラだったのですが。。。



明日から29日12月5日のコンサートに向けて違うプログラムの練習です。
合唱はこっちのコンサートがメインです。
私大丈夫かな?ちょっと心配。
お祈りよろしくお願いします。








SOMEONE TO WATCH OVER ME はこちらから。
高のコンサートのライブCDとDVDができました。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-12 22:22 | 日々のあれこれ