c0199096_23572811.jpg
からみあう まもる  オイルパステル バターナイフ

 

本当は年賀状用の絵を描きたかったんです。
これは暗いし出せないよなー


高ともこんな感じだったし
今もきっちょとこんな感じです。。。


これ鉛筆の下絵の線は目をとじて書いたんですよ。
目を開けてびっくりしました・・・(T-T)

きっちょが悪くて今日は礼拝休みます。





ここの更新は多分これが今年最後かと・・・

みなさんに恵みの新年を!







ほぼコンデジ短歌ブログはこちらから

多分また放置の夫追悼ブログはこちらから
[PR]
by widow-motokichi | 2009-12-27 00:14
c0199096_23171749.jpg
I wish you a Merry merry Christmas オイルパステル・バターナイフ・ケシゴム




クリスマスのお喜びを申し上げます^^!





どうぞ愛する人とその人がこの世にいる喜び、出あえた喜び
そしてその方を生んだご両親と環境
すべての創造主なる神に思いをはせてくださいね^^☆”


イエス・キリストは神に創られた被造物全ての贖い主(あがないぬし)救い主です。
神様から差し伸べられた握手の手です。




「神様、あなたが真理というなら本当にいるの?いるなら証拠を見せて!」

私の祈りはこれからはじまりました。
犬と散歩しながら、空を見上げ、木々を見ながら、月を見上げながら
そういうことを考えていました。
問題と葛藤があって、とても「真理」が知りたかった。
真理のところにいたかった。

「私が道であり真理でありいのちである」ヨハネによる福音書14:6


それから約1年後、時が熟して
神様の存在が私の中に湯水のように流れ込み、こられきれないほどとなり
笑っちゃうぐらい神様は実在するということが私に示されました。
神は頑固で疑い深い私に奇跡をもってご自分を示されました。
多くの人はもっと深いところで自然に導かれるようです。
洗礼を受けるのはこれはもう自然の流れでした。



神様って
あなたが本当に苦しいとき
いた方がいい存在。
知っていたほうが楽な存在。
あなたに自由を与える存在。
そして順風満帆なときはわかりにくい存在でもあります。
昼間の灯火のように。


大げさに言えば
私にとっては『自分はいなくなっても神さまがいるから大丈夫!』
そう思える存在です。





イエスは彼に言われた。
「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。
わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。」

                                  (ヨハネによる福音書14:6)



イエスさまが生まれた。

感謝。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-12-23 22:46 | 信仰
c0199096_0383630.jpg
Rook (The Death and Burial of COCK ROBIN 6 )  オイルパステル・バターナイフ      





Who'll be the parson?
I, said the Rook,
With my little book,
I,ll be the parson.




だれが牧師をつとめるか?
「それはわたし」とカラスが言った。
「わたしの小さな本を手に
わたしが牧師をつとめましょう」

(ホルプ出版訳)


ROOKのつづきを読む
[PR]
by widow-motokichi | 2009-12-08 01:04 | 絵とあれこれ
c0199096_1065286.jpg
フォルクローレで夜もふけて  塩ビシート アクリル絵の具 (無断転載しないでね) 




昨日は昼寝してしまって絵はかけてないし
今日はこれから出かけるし
きっと今日も続き(カラス)をアップできない。。。

せっかく来ていただいた方にアミューズを。。。ということで
アクリル絵の具でかいた昔の絵を…

これはコンサートフライヤー(チラシ)のためにかいたもので
フライヤーデザインも私なのです。






できあがったものはこちら
上の方が色合いは原画に近いです。
でもフライヤーの仕上がりはこんな感じ。(もうちょっとキラッとしています)

c0199096_10205774.jpg
ノーチェ・アンディーノ  ファイルサイズが大きくて…思い切って小さくしました


今も東京を中心に活躍なさっているケーナ奏者長岡竜介さんのバンド、エル・コンドル。
彼らのアンデス地方のフォルクローレのCD(私がジャケットイラスト担当しますた)も
たまに聴きなおしますが、
すばらしい演奏です。
クオリティー高いです。

私もがんばらなきゃ…とリハビリ中A^^;






<追記>

いやいやぁ。。。絵の下のタイトルが「フォルクローレで'世'もふけて」って
ずっとそうなっていることに遅ればせながら気づきました。。。(´д`;)ハフ。

まだ全然次の絵を描いてないんですよ。アハハ。
今日12/5、これから聖歌隊今年最後のコンサート本番。
きっちょも心配。。。
but!全部神に委ねます☆”
[PR]
by widow-motokichi | 2009-12-03 10:42 | 絵とあれこれ
c0199096_2084277.jpg
Owl (The Death and Burial of COCK ROBIN 5 )  オイルパステル・バターナイフ      




Who'll dig his grave?
I, said the Owl,
With my pick and shovel,
I'll dig his grave.





だれがお墓を掘るのかな?
「それはわたし」とふくろうが言った。
「わたしの鋤とスコップで
彼のお墓を掘りましょう」


(ホルプ出版訳)







ヨコブログにしてみました。こっちのほうが見やすいですよね?
一番下にバーがありカーソルを右に動かしますと過去ログが見られます。
続きを読んでから最初の画面に戻るときはタイトルの「T's widow」をクリックしてください。

OWLの続きをよむ
[PR]
by widow-motokichi | 2009-12-01 20:33 | 絵とあれこれ
c0199096_2347248.jpg
Beetle (The Death and Burial of COCK ROBIN 4 )  オイルパステル・バターナイフ      




Who'll make his shroud?
I, said the Beetle,
With my little needle,
I,ll make the shroud.


(英語を現在の文章に変更しました)



だれが棺衣を縫ったのか?
「それはわたしさ」とカブトムシが言った。
「わたしの小さな針でもって
白い棺衣を縫ったのさ」


(ホルプ出版訳…カブトムシのところが「役人」となっています)







ヨコブログにしてみました。こっちのほうが見やすいですよね?
一番下にバーがありカーソルを右に動かしますと過去ログが見られます。
続きを読んでから最初の画面に戻るときはタイトルの「T's widow」をクリックしてください。

BEETLEのつづきを読む
[PR]
by widow-motokichi | 2009-12-01 00:19 | 絵とあれこれ