c0199096_22585534.jpg
2012ケーナコンサート用イラスト


こちらは去年の暮れのです



c0199096_22565471.jpg
2012ケーナコンサートフライヤー



こういう仕事はすごーく減りました。。。
[PR]
by widow-motokichi | 2013-03-12 23:03
c0199096_0513526.jpg


c0199096_154888.jpg
うーん。。。ちょっとサイズが違った。。。




かなり放置していました。
絵も描いてなかったし。。。


こちらは



2012年12月23日 クリスマス礼拝
(ほとんどの教会では25日前の日曜日にクリスマス礼拝をします)

翌24日 クリスマス・イブ・キャンドル礼拝


のご案内DMです。
うちの教会で行われます。



今年は教会員手づくりの紙芝居をプロジェクターに落としたものを投影し
聖書のことばとクリスマスキャロル(クリスマスの讃美歌)によって
お客様と一緒に
クリスマスストーリーをつづっていきます。

お菓子とか24日はお寿司もでるみたいだし
お近くでしたらぜひお越しください^^



このイラストは2002年に私が描いたもの。
DMデザインも私が手がけさせていただいています。

[PR]
by widow-motokichi | 2012-12-17 01:26 | 日々のあれこれ
c0199096_20435754.jpg


昨日からずっと頭を離れなかったことがあって、それは

「自分がいなくてもいいなんて考えちゃダメだ。そうしたらもうなにもできなくなる」

っていう、前に [A MAN FROM THE EAST] のCDジャケットの仕事を紹介させてもらった
宝示戸亮二さんのお言葉。。。


死ぬ…とかそこまで行かないけど、ちょっと空しくて。。。
風邪も引いてたけど、心も風邪だったのね。


この言葉は・・・
10年ほど前アバンギャルド系即興音楽のワークショップというのがよく開催されていたのですけど、
それに1度出たの。。。VOICEでね^^;
最初集まったみんながそれぞれソロで披露して、そのあとプロデューサーが
「誰々と誰々さんのデュオ」「誰々と誰々と誰々」。。。みたいにその場でグループを強制的につくってバンドやらせるの。
もちろん打ち合わせも用意させた曲もなし。全部即興。

私のソロ評判よかったみたい。。。^^;
NYニッティングファクトリーのドラマー、トム・ベネットさんもゲストで来ていたんだけど面白がってくれてた。
で、プロデューサーが寶示戸さんで、私はトムさんのいるバンドに配属になりました。

こんなバンドでなんかするなんてそれまでも(それからも)1度もなかったことで、
しかも周りの音を聞きながら即興でなんか声を出すの。


私聞いちゃって。。。で、入れなくなった。
でもそれじゃここに来た意味がないから、「きゃー」だったか「ノー」だったか叫んで、
それを繰り返した。
そしたらリズムがうまれてくるでしょ。
リズムのあるところに混沌は引っ張られる。。。で、みんなが乗ってきてくれて、音楽の方向が変わっていく。
やりながら自分の居場所を探していった。すぐ崩れる。また探す。。。乗る。壊す。つくる。。。

終わってから膝がガクンと崩れるみたいになった。


そして寶示戸さんに「どうしたの?けっこう黙っちゃったね…」って言われて、
「どう入ろうかと聴いていたら、自分がいなくてもすっかり音楽になっていて、
いなくてもいいんだな…と思ったら入れなかったんですよね…」と言ったの。

冒頭のはそれからすぐにいわれた言葉。


たくさん、そういう思いをしてきているんだってすぐわかった。


人生も同じだよね。
いなくてもいい。。。(つながってる人にとっては別よ!)。。。でもそれはみんな同じ。
クラシックみたいに楽譜用意されて「ここでこの音」と示されている人生なんて本当はない。

みんな自分の場所を探して自分を奏でているんだよね。


でもそんな一人ひとりが神様の交響楽を演奏しているんだなって思う。
たとえ『自分はうまくジャムれない…』と悩んでいたとしても、
大きい神様の目から見たら誰だってソロパートのある、でも他とハーモニーを奏でている
大切なパートなんだなって。。。


調子悪い頭と体で、今日一日そんなことを考えてたのでした。


朝読んだyodaさんのブログ記事(昨日の夜の…)に引っ張り上げられてドツボにならずに済みました。
感謝。。。(私はほれてないよっ!←今日の記事…)



上の絵は寶示戸さんの92~93年ごろの新宿ピットインソロライブ用のフライヤーに使ったイラストです。
黒くなっちゃった。
これも前のブログに載せました。。。すみません。。。写真撮ってないの…^^;
[PR]
by widow-motokichi | 2009-02-06 21:02 | 音楽とあれこれ
c0199096_033744.jpg


昔描いた、アヴァンギャルドの…でもリリックな即興ピアニスト…寶示戸亮二さんの
ファーストCDのジャケットで使っていただいた絵です。

この絵(というかジャケットそのものだけど…^^;)をアップしようとひらめきましたのでそうします。

しかたありません!


寶示戸さんもこれからずっと北欧東欧で演奏活動しています。

自分の中に脈打つ東洋を背負って、でも無限の音の世界で今を表現している。


誰しもこの世に一人しかいないです。

私という存在はこの世にひとり。

そんなことを考えた・・・今日は T の帰天3ヶ月目。


今日から私は T の年上。しっかりしよう。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-01-26 23:58 | 絵とあれこれ