c0199096_16103037.jpg
         赤いお空をつかもうと… 




昨日の夜は高の友人でこないだのコンサートのホストバンドをしてくれた
Just Friends Quartet (JFQ) のみなさんのライブに行ってきました。

誘って来てくれたTちゃんはいきなりJFQと初合わせで[My Funny Valentine]を見事にやってくれました。
いや、ほんと素晴らしい声!上から下までよく鳴る楽器をお持ちです。体が鳴っているし。。。
しかも自由。そして思想がある。すごかった、Tちゃん。
旭川からノリさんも来て[Tristeza]もやりました。

ジャズやる人ってすごいね☆”!


JFQは私はじめて聴いたんです。
ジャズなのにオリジナル曲が多くて、その完成度の高さにびっくり。
Rossoさんの新曲なんて他のメンバーは「今日はじめて譜面見た」という状態ながら
すばらしい演奏でした。曲も良かった^^
ピアノ譜を見せてもらいましたがすばらしく完成された美しい譜面。
ちゃんと音符で細かく書いてあります。
甘えのない作曲者としての職人の仕事とお見受けしました。
それをまたアレンジ利かせて曲に生きた息吹を吹き込むMさんも職人。
ベース、ドラムスもしかり。

そしてピアノのMさんが作曲した高に捧げて書いてくださった[AtoZ]。。。
なんて美しく清んで明るい、かわいらしくて、湿っていないリリカルさがある曲!
すばらしい。
飄々として明るく、存在で愛をしめした高にふさわしい曲。
『こんな風に思い出してもらえるなんて、高はなんて幸せなんだろう…』というような曲でした。
透明でカラッとして、でもあたたかい思いが伝わって涙が出ました。


さて、Rossoさん(トランペット)の書いた譜面は私にはとてもなじみがあります。
と言うのも、高はホーンセクションのアレンジのほとんどをRossoさんにまかせきりで
しゅごッチィさん(トロンボーン)も書いていたのですけれど、(3バンド平行してましたからすごい量です)
高はとうとう1曲も書かなかったのですね^^;
しかもテナーサックス用の転調譜面を書くのは私にやらせることが多かった。
それで私はRossoさんの譜面を見慣れていたというわけです。

でもところどころ私の譜面が間違っていたりして
「Oっちゃん違ってたよ!」とかライブのあとで怒られたり。。。
つまり高もステージで初見ということが多かった。
昨日もその話をして笑ったんですが、
Rossoさんが言うには
高の眉毛が上がって、ふっと目を見開いて譜面を見たまま表情が凍り…
「そういうときにはアイツは吹いてない!」とのこと^^;
で、ホーンの箇所が終わるとホッとしたようにニコッとするのですねAAA^^;

ああ、でもこの3人のユニゾンとハーモニーの美しかったこと!奇跡のように美しかった。
もう聴けないなんて。。。




遊びをせんとや生まれけむ
戯れせむとや生まれけん
遊ぶ子どもの声きけば
我が身さえこそ動(ゆる)がるれ

                (梁塵秘抄 巻第二 四句神歌 雑)



高は遊びを貫いた人生でしたが(仕事もぜんぜん手を抜かなかったです…)
あの人たちはみんなそうですね。



体だけ大事にしてほしい。
ほんとに。ほんとに。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-15 17:06 | 音楽とあれこれ
c0199096_23153591.jpg
              小春日和 でもこの写真はちょっと怖いかな?^^;



今晩はhirokanaさんのオーロライラスト展示会と
特別講演でオーロラ写真家中垣哲也さんのオーロラスライドショー同時開催で
友人Yちゃんと待ち合わせて行きました。


hirokanaさんの絵は繊細でクリスタルパウダーが輝き、やはりスキャナのブログ画像とはかなり違いました。
美しかった。
文章もとても示唆に満ちていて、心に響くんです。。。
hirokanaさんはこのシリーズを
中垣さんのオーロラ写真にインスピレーションを受けて描いていらっしゃいます、
イラストにつけている詩のような文章も
オーロラのを生む宇宙の営みを感じているというか、
大きな時の流れを捉えている文章なんですよね。
ズキッとくるぐらい迫ってきます。
イラスト展は11日までです。
ご興味のある方はこの記事の前の前の前のポストをご覧ください^^


オーロラスライドショーはまたボーっとながめていましたが
改めてオーロラというか大自然の驚異の中に身をおきたいな・・・
などと、帰りのうどん屋さんで友人と2人で話し合ったのでした。
ま、オーロラはきっちょが天に召されてから
いつかリベンジします。
あ、でも太陽がなかなか活発にならなくて
「これはちょっと太陽に異変が起きているのかもよ?」と科学者も言い出しているとまた仰ってましたよ。
そうなるとプチ氷河期。
ナポレオンのころテムズ川が凍ったぐらいの寒冷さになる可能性もあると。。。



ちょっと身体的には無理を押して行きました。
でも行って良かった。
いつも視点の高さ視野の広さを目の前に示してくれる気がします。
それと悠久の時の流れと刹那に生きる人の時の流れの違いですかね。
中垣さんは「一瞬なんだからもっと輝いて生きろ」と言うのですね。
そうだったな。。。とまた確認し。。。




ああ、でも今日は疲れました。
朝から働きづめだったから。。。^^;



明日は礼拝から夕方はリハーサルもあり長い。
10年後のプチ氷河期よりも明日の声の調子が気になる。。。(また視点が低く、視野が狭く…^^;)



どっちにしても明日も太陽は昇る。
もう寝よう☆
あはは。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-07 23:55 | 日々のあれこれ
c0199096_1634374.jpg
       高追悼コンサート最後のセッション アメージンググレイス このときは…ファンキーなドラムで牧師がシャウトして賛美した後かな?違った。ドラムソロ後です



弟からとどいたコンサートの写真を見ながら
『楽しかったなー』
と、ニマニマしておりますが
でも熱は相変わらず37.4度。
浮かれたテンションはすっかり下がって、
ま、これで普通かな。
昨日は昼寝もできました。


さて、今日泌尿器科に行ってきたんです。
膀胱炎なのかと思って。。。
確かに軽い膀胱炎だったらしい。
「もう大丈夫だよ」とのことです。


アイスランドに行く前に人生2回目の膀胱炎になって
(1回目はその1ヶ月前のクリスマスの日…すなわちクセになってしまったらしい…)
アイスランドでまたなったら面倒だから…と薬をもらったのがそのまま残っていたので
(なんと2月のアイスランドは札幌から行ったらパラダイスのようにあったかかった)
昨日の明け方きっちょに起こされたとき嫌な痛みがあって「これはもしや!?」と
念のために抗生物質を飲んでおいたのです。
12時間後にもう一回。。。

で、薬飲んだら2~3時間は熱も37度を切ったし、
痛みもないので「おーし!」と思っていました。


『熱も膀胱炎のせいだな、きっと!がんばれ私の免疫力!』
と思っていたので、
大丈夫なのに熱があるというのはちょっとショックなのです。



風邪なのだろうか…
でも
『水分とって出さなきゃ!でもただ水分ではつまらない。おし。』
と、ずっとお湯にヒアルロン酸を溶かして飲んでいた私は肌の調子がよくていつもより元気そう。
それで今日は掃除も洗濯もけっこうがんばった。(たまっていただけ^^;)
ちょっとがんばり過ぎたかも。。。(家事で?^^;)

テンション高いときは熱があっても全然平気というか、
休めませんでしたぉ。(大事をとって家事だけ休んだ)
ま、それが普通に具合悪くなってきました。
ひとまず前進。
めでたしめでたし。




ああ、だめ。。。
バカなこと言ってないでちょっと休もう。
(もうちょっとテンション下げた方がいいんじゃない?注射しときます?)





SOMEONE TO WATCH OVER ME
11/5更新しました
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-04 17:07 | 日々のあれこれ
c0199096_13525322.jpg
           今朝の公園のニシキギ


昨晩からこちらでは晴れたり吹雪いたり!
降るときは真横です(>д<;)ブルブル。。。
でも明るいので家にいる分には助かります。

今朝久しぶりにきっちょと公園に散歩に行ったら
きっちょはすっかり冬のフードにボアまでついたベンチウォーマー的コートを着ていたのですが
寒くて固まってしまいました。

そして
「ワシはこんなとこ来とうはなかった!」
と目で訴えるのでした。。。orz

写真を撮りたいからちょっときっちょを誘ってみた…というのが
きっちょにばれてしまったのかな?
何故か朝から私はきっちょに平謝り。。。



さて、hirokanaさんのイラストの展示会が中の島で開催されます。
7日にはオーロラ写真家の中垣さんのオーロラスライドショーが同時開催されます。
私、このときに行こうかな?

中垣さんは2月にアイスランドにいったときのオーロラツアーの主催者です。
オーロラのスライドショーはすごーく迫力があります。
hirokanaさんとも元々はアイスランドに行く前に中垣さんのスライドショーを観に行った時受付をなさっていて、
それでその縁がつながってお友達に。。。^^☆”

hirokanaさんの作品はブログでも作品を見ることができるのですが、
なにやら絵の具に光る石のパウダーを使っているらしく。。。
これはナマで観たい!スキャンでは全然色が出ないんですって。


以下hirokanaさんのブログからコピペ失礼いたします。(ブログに載せることは了解いただいています)


『Hiroko.K with  BONNE CHANCE!』
       作品展示会

場所☆ 札幌市豊平区中の島2-7-2-7
     レッドハウス1階
    (地下鉄南北線 中の島駅、南平岸駅より徒歩15分ほど)
     駐車スペース有り

会期☆ 11月4日(水)~11月11日(水)(日曜祝日定休)
     11:00~18:00(最終日は16時まで)

    特別イベント
     ☆11月7日(土)
     オーロラ写真家 中垣哲也氏 オーロラスライドショー
     19:00~
     (ワンドリンク付き1500円 /予約制 先着20名 / tel 090-3779-4042)

展示会は入場無料ですが、
会場がカフェになります、ワンドリンク(450円~)
ご注文いただけたら幸いです!





hirokanaさんのブログはこちら イラストhiro.com

中垣哲也さんのHPはこちら 「オーロラダンス」




人のばかり載せないで自分のも宣伝しなきゃ。。。
でも明日にします^^






高ブログ SOMEOME TO WATCH OVER ME
11/2更新しました
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-02 14:05 | 日々のあれこれ
c0199096_19545886.jpg
                     
雲が、空が、動いている…


勝手に信頼していた人が信頼に足る人ではないということ、
それがわかった今日でした。
実害がなくてよかったです。
でもすごくすごく疲れてしまった。。。


自分が悪いの。
任せてしまえば楽だから、その人のいいところばかり見て、悪いところをあえて見ようとは思わなかった。
信用してしまえば考えなくても済ませられると思っていた。


本当に心配してくれる人はやっぱり昔からの友人で、
幸いにも私は優秀な友人に恵まれていて、
その友人(同い年の女性)がその方面の専門家で、
実力もあり信頼に足る人であることは
経てきているキャリアと長い付き合いでよくわかっており、
でも友人という立場の人に頼みたくなかったんですけれど、
それは間違いでした。

おかげで考える手がかりも与えてくれて、
残念ながら寄りかかるに足る人ではなかったその人は
ほんの少し質問しただけで
「私はそのようなものではありません」と
あっけらかんと誠実に告白してくれたのでした。
ひょうし抜け。。。


それじゃあ困るの。
あなたの売っているものは
それじゃあ困るものなんですよ。
あなたのお客さんはみんな素人さんばかりでしょう?



怒る友人。
私が怒られているのかと思ったりしました。
でも違う。不勉強で不誠実な同業者への怒り。
プロとしての正義感、社会への責任感。。。人を幸せにするための仕事をしたいという気概。





しっかりしよう。

雲が動いている。
表情豊かな雲と空。

刻々と姿を変える大きな空・・・
うん、大丈夫な気がしてきた。




「Oっちゃんはもっと大切にされる権利があるよ。
誰でも喰いものにされていいわけないの。
連絡くれてよかった。
わかってもらえてよかった^^」


私はいつも助けられるばかりです。。。ありがとう。



神様に、友人に、高に、心配してくれているみなさまに…感謝!





ところで、スキン変えてみました^^ どうでしょう?
自分で色とかも編集してみたのでしばらくこれで行きます。
過去ログは 次のページ> をクリック。。。それと「以前の記事」のO年O月のところをクリックしていただくとその月のタイトル一覧が出てきます^^

[PR]
by widow-motokichi | 2009-07-21 20:51 | 日々のあれこれ
c0199096_151639.jpg
     ライムグリーンのホスタ、オーガスト・ムーンの花


天に召される前にこっちまで凱旋して来てくれたK君!
思い煩いのない澄んだイノセントな笑顔を残してくれてありがとう。
本当に輝いていたよ。
「若い!高校生みたい!」って、39歳の男性に私ったらそんなこと言って…みんなで笑ったよね。

最後まであなたは平和の使者でした。


今日行けなくてごめんね。
行きたくないよ。見たくない。いいの。あのお顔とどめておく。。。
うちの牧師のSさんとk子さん、明日の朝そちらに着きます。
行き帰りの足を守ってね。


K君、ありがとう。


天国でまた会お!ね、また会お。。。
今度は全部動くよ!ね、またハープ吹いて。高と練習しといて。
約束だからね。


じゃ、また。
God by!
[PR]
by widow-motokichi | 2009-07-18 15:28 | 信仰
c0199096_0153351.jpg
       水を通さず、空気を通す…ゴアテックスより優秀かもね^^?クモの巣のベール 


今日は映画「剱岳 点の記」を友人と観てきました。レディスデーで1000円でした^^
けっこう人が入ってましたね。やっぱり女性が多かったです。

山と空がとてもきれいでした。
岩肌とか雪渓の泥混じりの雪の色、赤い空、青い空、雲の早い動き、紅葉の見事さ。。。
雪崩のシーンとか岩登りとか滑落シーンとか、本当に俳優さんお疲れ様です。
雪崩の雪は見事にデブっていて、新雪かけただけとは違います。雪崩の雪ですね。(デブリ/堆積物)
友人は高校時代山岳部で、だからなおあちこちのシーンでヒヤヒヤしたみたいです^^;

こんな山で登頂できたら、下界でなにを言われてどう評価されても気にならないよな。。。って
神さま目線というか、大きなものの見方ができるだろうなって自然にそう思えました。
自分で登ったわけでもないのに…厳しい自然をつづった映像がそんな力をもっています。

でもあれよ。ストーリー性とか話の展開とか、そういうの期待してはダメです^^;
ドラマチックではないです。
していたとしても答えのすぐわかるなぞなぞ的な感じです^^;
だからなお山の厳しさ、美しさが際立つのかも。


高は大好きだろうな。。。この映画。。。何回でも見るかもしれないなー^^




帰りに食事して友人と色々話しました。
映画の話、友人が資格取るために学校に通いだした話、ならいごとの話…


最後にちょっと今の悩みを聞いてもらって。。。
友人が言うには、
「私たちって意外と無邪気なのよ。でもそうじゃない人もいるってこと。でれは仕方がない。
Oっちゃんは自分を変える必要はないよ。Oっちゃんはそれでいいよ」とのこと。。。

「そうじゃない人もいるから気をつけた方がいいよ」ではなくて、
「それは仕方ないし、こっちもそのままでいい」っていうのが嬉しかった^^

それと、前にあったときとは別人のように普通に戻っている私に、これまた普通に相手してくれて、
私が普通じゃなかったときの友人とは、これまた まるで別人でした。

。。。相手のようになる。。。
それが自然とできる友人なんだなって思いました。すごいな。。。



私の友人はみんな魅力的なひとばかりだーーー^^☆”!
明日も元気に行こう!
[PR]
by widow-motokichi | 2009-07-03 01:03 | 日々のあれこれ
c0199096_22195340.jpg
            ご近所のギガンチウム


今日は友人と別の友人の作品と教え子たちの作品インスタレーションのプロジェクトを見て、
その後イタリアンでランチしました。


一緒に行った友人は生年月日が一緒なの。


久しぶりに会った私たちは、なんかふたりとも殻が一枚はがれ落ちてるような気がしました。
そして話をしながら考え方とか被る気がして…なんか変な気分でした^^;


お互いお互いのファションに合わせようとして服を選び
服を取り替えたみたいになっちゃったよね^^;

相手に合わせようとして、なんとなく堂々巡りな私たち。
ね、そういうの面白いよね♪♪
そして鏡を見るような感覚。。。



なんだろ。他の人でもそういうのアリかしら^^?
[PR]
by widow-motokichi | 2009-06-30 22:47 | 日々のあれこれ