c0199096_16103037.jpg
         赤いお空をつかもうと… 




昨日の夜は高の友人でこないだのコンサートのホストバンドをしてくれた
Just Friends Quartet (JFQ) のみなさんのライブに行ってきました。

誘って来てくれたTちゃんはいきなりJFQと初合わせで[My Funny Valentine]を見事にやってくれました。
いや、ほんと素晴らしい声!上から下までよく鳴る楽器をお持ちです。体が鳴っているし。。。
しかも自由。そして思想がある。すごかった、Tちゃん。
旭川からノリさんも来て[Tristeza]もやりました。

ジャズやる人ってすごいね☆”!


JFQは私はじめて聴いたんです。
ジャズなのにオリジナル曲が多くて、その完成度の高さにびっくり。
Rossoさんの新曲なんて他のメンバーは「今日はじめて譜面見た」という状態ながら
すばらしい演奏でした。曲も良かった^^
ピアノ譜を見せてもらいましたがすばらしく完成された美しい譜面。
ちゃんと音符で細かく書いてあります。
甘えのない作曲者としての職人の仕事とお見受けしました。
それをまたアレンジ利かせて曲に生きた息吹を吹き込むMさんも職人。
ベース、ドラムスもしかり。

そしてピアノのMさんが作曲した高に捧げて書いてくださった[AtoZ]。。。
なんて美しく清んで明るい、かわいらしくて、湿っていないリリカルさがある曲!
すばらしい。
飄々として明るく、存在で愛をしめした高にふさわしい曲。
『こんな風に思い出してもらえるなんて、高はなんて幸せなんだろう…』というような曲でした。
透明でカラッとして、でもあたたかい思いが伝わって涙が出ました。


さて、Rossoさん(トランペット)の書いた譜面は私にはとてもなじみがあります。
と言うのも、高はホーンセクションのアレンジのほとんどをRossoさんにまかせきりで
しゅごッチィさん(トロンボーン)も書いていたのですけれど、(3バンド平行してましたからすごい量です)
高はとうとう1曲も書かなかったのですね^^;
しかもテナーサックス用の転調譜面を書くのは私にやらせることが多かった。
それで私はRossoさんの譜面を見慣れていたというわけです。

でもところどころ私の譜面が間違っていたりして
「Oっちゃん違ってたよ!」とかライブのあとで怒られたり。。。
つまり高もステージで初見ということが多かった。
昨日もその話をして笑ったんですが、
Rossoさんが言うには
高の眉毛が上がって、ふっと目を見開いて譜面を見たまま表情が凍り…
「そういうときにはアイツは吹いてない!」とのこと^^;
で、ホーンの箇所が終わるとホッとしたようにニコッとするのですねAAA^^;

ああ、でもこの3人のユニゾンとハーモニーの美しかったこと!奇跡のように美しかった。
もう聴けないなんて。。。




遊びをせんとや生まれけむ
戯れせむとや生まれけん
遊ぶ子どもの声きけば
我が身さえこそ動(ゆる)がるれ

                (梁塵秘抄 巻第二 四句神歌 雑)



高は遊びを貫いた人生でしたが(仕事もぜんぜん手を抜かなかったです…)
あの人たちはみんなそうですね。



体だけ大事にしてほしい。
ほんとに。ほんとに。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-15 17:06 | 音楽とあれこれ
c0199096_2214595.jpg
                スケスケな葉っぱ 



ずいぶん体が楽になってきました。
熱も37度前後ぐらいです^^
よかったー☆

やっぱりブログをサクサクアップするとリズムが整うわー^^


コンサートはとても良かったと思います☆
主に感謝。
先生もすばらしかった。
星野富弘さんなどの日本歌曲すばらしかった。
いつものカッチーニのアヴェ・マリアもすばらしかった。
ブラーヴィ!
ハンドベル、弦楽アンサンブル
ブラーヴァ!
グロリアコールはいかがでしたか^^?


私は昨日はグッタリでしたが今日は日暮れとともにだんだんなんかいい感じです。
午前中はフラフラだったのですが。。。



明日から29日12月5日のコンサートに向けて違うプログラムの練習です。
合唱はこっちのコンサートがメインです。
私大丈夫かな?ちょっと心配。
お祈りよろしくお願いします。








SOMEONE TO WATCH OVER ME はこちらから。
高のコンサートのライブCDとDVDができました。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-12 22:22 | 日々のあれこれ
c0199096_23153591.jpg
              小春日和 でもこの写真はちょっと怖いかな?^^;



今晩はhirokanaさんのオーロライラスト展示会と
特別講演でオーロラ写真家中垣哲也さんのオーロラスライドショー同時開催で
友人Yちゃんと待ち合わせて行きました。


hirokanaさんの絵は繊細でクリスタルパウダーが輝き、やはりスキャナのブログ画像とはかなり違いました。
美しかった。
文章もとても示唆に満ちていて、心に響くんです。。。
hirokanaさんはこのシリーズを
中垣さんのオーロラ写真にインスピレーションを受けて描いていらっしゃいます、
イラストにつけている詩のような文章も
オーロラのを生む宇宙の営みを感じているというか、
大きな時の流れを捉えている文章なんですよね。
ズキッとくるぐらい迫ってきます。
イラスト展は11日までです。
ご興味のある方はこの記事の前の前の前のポストをご覧ください^^


オーロラスライドショーはまたボーっとながめていましたが
改めてオーロラというか大自然の驚異の中に身をおきたいな・・・
などと、帰りのうどん屋さんで友人と2人で話し合ったのでした。
ま、オーロラはきっちょが天に召されてから
いつかリベンジします。
あ、でも太陽がなかなか活発にならなくて
「これはちょっと太陽に異変が起きているのかもよ?」と科学者も言い出しているとまた仰ってましたよ。
そうなるとプチ氷河期。
ナポレオンのころテムズ川が凍ったぐらいの寒冷さになる可能性もあると。。。



ちょっと身体的には無理を押して行きました。
でも行って良かった。
いつも視点の高さ視野の広さを目の前に示してくれる気がします。
それと悠久の時の流れと刹那に生きる人の時の流れの違いですかね。
中垣さんは「一瞬なんだからもっと輝いて生きろ」と言うのですね。
そうだったな。。。とまた確認し。。。




ああ、でも今日は疲れました。
朝から働きづめだったから。。。^^;



明日は礼拝から夕方はリハーサルもあり長い。
10年後のプチ氷河期よりも明日の声の調子が気になる。。。(また視点が低く、視野が狭く…^^;)



どっちにしても明日も太陽は昇る。
もう寝よう☆
あはは。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-07 23:55 | 日々のあれこれ
c0199096_11544420.jpg
                もみじのせせらぎ



今日こそが小春日和!
おまけにずっと庭においておいた剪定した枝や葉っぱのゴミが出せる月に1度の日で
全部出してすっきり!(なんかあっちの話みたい^^;)


さて、午前中きっちょの病院に行ってきましたが
2週間で1kg体重が減りました。
食べないんですよね。。。半分ぐらいかな。。。

色々工夫していますが、それで少しは食べてくれますが、
あとはイヤイヤ。。。


でもほとんど寝てばかりだから
あまり体重ない方がいいんです。
今は13.25kgですけど
理想体重と言えば理想体重。
でも筋肉がない。
これからもどんどん体重は落ちると思われ。。。
それでもやせている方が心臓や骨に負担がかかりにくいから、まあ体重はよしとしつつ、
タンパク質やミネラルの摂取を心がけよう。


それでもきっちょは元気。
立とうとするとき、鯉が水上でジャンプするときのように
体をくねらせて飛び上がるのですよ!
下半身は右半身を下にして横たわったままですが。
そこで前足がうまい具合に出たら伏せができる。
でも失敗したらドンと落ちます(T-T)

私は家にいる限りにおいてはこの音が聞えたら(きっちょが失敗して体を打つ音)
すぐ行って起こしてあげますので、このジャンプはこないだはじめて目の前でみました。
見事です!
すごい腹筋と背筋。
感動しました。まさに毛の生えた鯉。
でももうやせてきたから体をぶつけるのは痛いはず。。。

で、伏せができたら後ろ足をシャカシャカかいて何とか起き上がろうとしますが
ほとんど成功しません。
壁とかなにか…キックして力の入るものがないとだめです。

それと右回り。ひどくなりました。
行きたいところにまっすぐ行けないで回りながら何かに体をもたれて
軌道修正させながら歩いています。


でもきっちょは強い。
なんでも自分でやろうと前向きです。

頭ははまだ大丈夫みたいです。
ボケた症状は今のところありません。

気楽にがんばろうね。
毎日前向きに行こう。




さて、ついでに書きますと私も昨日は耳鼻咽喉科と内科のハシゴしました。
耳鼻咽喉科はいつもの薬が切れたから…と
熱の原因が耳鼻咽喉科系ではないという確認。
内科では根掘り葉掘りきかれて、聞かれるままに素直に答えましたら
「熱下げることより体力つけた方がいいね」とのこと。
漢方を処方されました。

今も熱は37.4度ありますが、でも元気です^^



さてと、聖歌隊のユニフォームのすそ上げしなきゃ。。。
今日がキタラに向けての最後の練習で、
日曜の午後にゲネプロ。
火曜が本番です。
ウソみたい^^; ハハハ!
でも練習はしてきました。大丈夫。主に委ねる。



先生の体調が守られますように。
主の働らかれるコンサートとなりますように。

きっちょが平安でいられますように。
痛いところがありませんように。
寂しくありませんように。
(きっちょのことになると欲張りになるな^^;)







SOMEONE TO WATCH OVER ME・・・11/5更新しました・・・





訂正

>日曜の午後にゲネプロ
キタラを借りてゲネプロするのかと思い込んでいた^^;
いつもの教会でオケ合わせでございました…(大汗)
2回もキタラ借りる必要もないですよね。。。スミマセン。
ゲネプロは当日でした。確かにそれが普通であります。

たいていの人にはどうでもいいことかと思いますが、
妙に恥ずかしい。こういう間違いって。。。(/-\;)
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-06 13:22 | 日々のあれこれ
c0199096_13525322.jpg
           今朝の公園のニシキギ


昨晩からこちらでは晴れたり吹雪いたり!
降るときは真横です(>д<;)ブルブル。。。
でも明るいので家にいる分には助かります。

今朝久しぶりにきっちょと公園に散歩に行ったら
きっちょはすっかり冬のフードにボアまでついたベンチウォーマー的コートを着ていたのですが
寒くて固まってしまいました。

そして
「ワシはこんなとこ来とうはなかった!」
と目で訴えるのでした。。。orz

写真を撮りたいからちょっときっちょを誘ってみた…というのが
きっちょにばれてしまったのかな?
何故か朝から私はきっちょに平謝り。。。



さて、hirokanaさんのイラストの展示会が中の島で開催されます。
7日にはオーロラ写真家の中垣さんのオーロラスライドショーが同時開催されます。
私、このときに行こうかな?

中垣さんは2月にアイスランドにいったときのオーロラツアーの主催者です。
オーロラのスライドショーはすごーく迫力があります。
hirokanaさんとも元々はアイスランドに行く前に中垣さんのスライドショーを観に行った時受付をなさっていて、
それでその縁がつながってお友達に。。。^^☆”

hirokanaさんの作品はブログでも作品を見ることができるのですが、
なにやら絵の具に光る石のパウダーを使っているらしく。。。
これはナマで観たい!スキャンでは全然色が出ないんですって。


以下hirokanaさんのブログからコピペ失礼いたします。(ブログに載せることは了解いただいています)


『Hiroko.K with  BONNE CHANCE!』
       作品展示会

場所☆ 札幌市豊平区中の島2-7-2-7
     レッドハウス1階
    (地下鉄南北線 中の島駅、南平岸駅より徒歩15分ほど)
     駐車スペース有り

会期☆ 11月4日(水)~11月11日(水)(日曜祝日定休)
     11:00~18:00(最終日は16時まで)

    特別イベント
     ☆11月7日(土)
     オーロラ写真家 中垣哲也氏 オーロラスライドショー
     19:00~
     (ワンドリンク付き1500円 /予約制 先着20名 / tel 090-3779-4042)

展示会は入場無料ですが、
会場がカフェになります、ワンドリンク(450円~)
ご注文いただけたら幸いです!





hirokanaさんのブログはこちら イラストhiro.com

中垣哲也さんのHPはこちら 「オーロラダンス」




人のばかり載せないで自分のも宣伝しなきゃ。。。
でも明日にします^^






高ブログ SOMEOME TO WATCH OVER ME
11/2更新しました
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-02 14:05 | 日々のあれこれ
c0199096_23415581.jpg
                白い手袋 白妙菊




高のコンサートのお礼状をやっと今日投函いたしました。
コンサートのお客様全員分は無理ですけどね。

チケット半券で名前住所を書いてもらったのですが
受付やってくれた友人が、カツゼツも爽やかに、しかし柔らかい声で
「お帰りの際に集めさせていただきますのでお名前ご住所などお願いいたします」と
みなさんに言ってくださったので
けっこう来てくださった方の住所がわかりました。

カード回収できなくても来てくれていたことがわかっており、しかも住所を知っている人の分もあわせて
80ぐらいは書きましたかね。
家族で1通ですから、かなりの率です。

受付のNちゃん、Yちゃんありがとう!
調子の悪いプリンターもよくがんばりました☆”
すべきことが終わってすっきりー^^



さて、釧路・旭川時代にお世話になった牧師からもコンサート前にお手紙おハガキいただいており、
釧路の Mi 牧師には失礼ながらメールでお返事させていただきました。
それで何度かやり取り。。。
旭川の Mo 牧師はメールをしない方なので電話しました。

今のSe 牧師もそうなんですけど、
牧師という人と話すのは本当に楽!


一般的な概念とはズレがあるかもしれませんが、
また私だけかもしれませんが、本当に楽です。



こちらがかまえないでオープンになれる包容力が牧師さんにはありますよ。
メールも電話もたのしいです。
Mi 牧師も、Mo 牧師も、「THE牧師」というタイプがあるとしたら見た目そういう感じで、
Se 牧師はちょっとタイプがまた別。
それぞれみなさん立派な方です。
でもそんなの関係ない。
普通以上に冗談言ったり、
「またまたー、先生、違うでしょー^^!」とか言ったりして。。。
ま、とにかく素直になれます。
きっと牧師さんたちの存在が柔らかいんでしょうね。



私はすでに充分すぎるほど大人のはずですが
でもこういう師がそばにいて導き、なにごとかあれば祈ってくれているって
本当にありがたいことです。



自分もそういう存在になれるときが来るのだろうか?
あ、牧師という意味ではないですから。。。誰も考えない。。。よね!
(高が牧師になればよかったのにネ。。。彼は慕われたから。。。)




さて、あなたには師はいますか^^?





SOMEONE TO WATCH OVER ME
10/31更新しました^^
[PR]
by widow-motokichi | 2009-11-01 00:29 | 日々のあれこれ
c0199096_19535356.jpg
                 彩りあふれ光と戯れ流れるツタ (再レタッチ再掲載) 



明日から冷えて雪になるかもしれないと言うので
すごく焦りながら午後から庭の冬支度をしました。
午前中は買い物などバタバタです。

冬囲いなんてまだですぉ。


冬囲い前の剪定とギボウシやシャクヤクなどの葉っぱなどを切って片付けたのです。
ツルバラも半分ぐらいに減らしましたが、この状態でもアーチが満杯。。。来年どうなるのでしょう?
でも久しぶりに庭仕事してなんかスッキリ^^

木と話しながら考えごと。。。


人は2種類に分けられるのかも。。。
感想を言う人と
感想を言われる人


私は昔から友人に[感想名人]って言われてました…orz。
言われる側になる予定だったのに。

あるブロガーさんに対するコメントをほめられたのです。
「感性半端ないッス(笑)」って。。。
とてもうれしいのです。
でも複雑。。。A^^;

感想をいわれる人になりたいなー☆




ああ、また微熱だ。





SOMEONE TO WATCH OVER ME…はこちらから…
[PR]
by widow-motokichi | 2009-10-29 20:27 | 日々のあれこれ
c0199096_19533882.jpg
                庭のマリーゴールド 種から育てたもの。まだ可憐に咲いています。


ひと段落して、やっぱり疲れましたね^^;
でもまだお礼状などやること沢山。。。

24日が終わるまで待ってもらっていた約束のことも気になります。
昨日は別々のお客さんが3人もいらっしゃいました。
今日はずっと手紙書き。。。
プリンターの調子悪いし、ちょっと気分転換です。





こないだメルマガを配信してもらっていること書きましたよね。
今朝のテーマは「今でも心に残っている授業は?」というものでした。
自分の人生を変えたような授業のことです。

この方にとっては小学生のときの「好きな人と嫌いな人を書きなさい」という授業だそうです。
で、結果としては
好きな人をたくさん書いた人は、たくさんの人に[好き]と書かれていた。
嫌いな人をたくさん書いた人は、たくさんの人に[嫌い]と書かれていた。
というものだったそうです。
子どもながらに「いやなことするな…」と思ったそうですが
その授業を受けてからは人の悪口を言わないようになったそうです。


聖書では「人は量る秤で量られる(マルコ4:24~25)」とかが似ているかな。。。
人を厳しく量る人は厳しく量られ、
人を甘く量る人は実力以上にモリモリに量ってもらえる。。。みたいな感じ^^?


私も最近わがままで、またちょっと世間が見えるようなそんな気がして、
なんだかエラそうに人を評価したりしていたかもしれないです。。。(最近のことはよく覚えてないケド…^^;)
高の追悼コンサートで圧倒的な友人達の愛に触れて、なんかちょっと自分が恥ずかしくなりました。
あったかくて清々しいです。
小春日和みたいな気持ちです^^☆”





c0199096_20351037.jpg
         塀のツタ


さて、私の心に残る授業は短大の美術概論。
中学美術の教諭免許をとりました。もうなれませんけどね。
で、「美術の授業とはなにか?」という授業なのですが
「美術授業の意義とは心の自由をはぐくむことだ。
なにものにも束縛されない魂の自由が保証されていることを教えることだ」みたいな。。。
ご自身絵描きの先生の観念的な授業でしたが、
とても感動し、以降自由な魂で過ごしてます(爆!


私の義伯母に美術教師がいますが、
美大を志望しながらオーケストラ好きの私に「音楽は全体主義的である」と言いました。
まあ、確かにそういう面もあります。


でもこないだの土曜日思ったのです。
魂の自由がいくらあろうと人は一人じゃ生きられないようになっているなって。

つまりはハーモニー。
愛し合うこと。



なんかたくさん教わったんです。
24日は私にとって「心に残る授業」になるのかもしれません。






[心に残る授業]についてはこちらから…(爆!
[PR]
by widow-motokichi | 2009-10-28 20:54 | 日々のあれこれ
c0199096_18443741.jpg
                  緑と赤と黄色…日本的?ご近所の菊



2週間ぐらい前からあるメンタルトレーナーのメルマガ(無料)をケータイに配信してもらっています。
マインド◎ップのインストラクターさんのです。

こないだ印象深いことが書いてあったのでちょっとご紹介。


「自分の限界だと思うラインは?」というテーマです。


この方は筋トレでジムに通っているそうなのですが
もうダメ…と思ったところでトレーナーさんが「あと5回」と言うわけだそうです。
そうやってお尻を叩かれるともうダメと思ってもできてしまうそうです。

トレーナーさんに言われたことは
「身体が動かなくなってから、それでも<動かそう>と頑張ることで、脳に信号が送られて筋肉を増強させる」
ということだったそうです。

> 脳科学的にまた生理学的に根拠があることなのかどうかはわかりませんが、
> 私は「なるほど!」と納得しました。
> 筋トレに関わらず、ビジネスでもプライベートでも同じことがいえるでしょう。

> 今までの自分の限界を超えるには、限界に達した瞬間に
> ・その向こうに行こうとする意思を持つのか?
> ・それともそこでストップしてしまうのか?
> その意識の積み重ねは大きいと思います。



私、どっちかといえば無理をしない、がんばらない方が賢いやり方なのかと最近思っていたんです。
リラックスしたときの方が実力を発揮できるとか言いますしね。
でも、モチベーションまで下げては目標まで行けるわけがないですよね。
ダラダラ楽して努力しないで到達できるはずがない。

「はっ!」としました。

今できるできないではなく、「その先に行きたい」…と思えるか思えないか。
できるできないよりそっちの方が問題だよ!って。

『つらいからやめたい』って心が押しつぶされそうになっても
『その先に行きたいんだよね?』って自問しようと思いました。

そうしたら未来のために休むとか、もう少しがんばるとか、やり方を変えるとか、トレーナーにつくとか
色々方法が見えてくると思います。
休むことも肯定的な前向きなものになってくるんじゃないかなって。
休んでいる自分を否定しなくてもよくなるのではないかって☆

結局休むんじゃないの!…と言われそうだけど^^; あはは。


でも私のように自己肯定感の弱いものには、(まさか!いえ、ホント)
やるべきことをやってないというだけですごい重圧なんです。
できていたことができないとか。
もうそれだけで自尊心がバラバラになりそう。
重圧過ぎてやれないことも…^^;


でも『先に行きたい。上手になりたい。こうしたい。。。』って前向きな気持ちを持っている自分を自覚すれば
きっと次が見えてくるはず。

そう思いました。



私ってばいきなりポジティブすぎてヘンですか?

確かに。。。昨晩寝てないんです。。。(´д`;) 数日風邪で寝ダメをしてしまったからかな。。。?
きっちょがこれまた2時半ぐらいから起きていて、
転ぶし、立てないし、水は飲むし、シッコはこぼすし、ウンチもたれるし、挙句に…イヤそこまでは書くまい。
きっちょのお尻を支えて歩き回り、拭き掃除で一晩明かしました。。。^^;

風邪も引いているしね。でも今日ハイテンションで24日の準備その他で忙しくしていたら治ったみたいです。



ちょっとくじけそうになっていたことがあるんですけど
これを読んだとき、『ああ、私はまだはじめてもいないのだな…』と思ったのでした。



最終的には「天国に持っていくもの」のためにやるのだ…と、
高の遺影を見ながら思ったのでした。まる。
[PR]
by widow-motokichi | 2009-10-19 19:54 | 日々のあれこれ
c0199096_22483290.jpg
         レッドキャベツの芯 ウルトラマンのダダ星人を思い出しました^^;   



しばらくぶりの更新です。

高のコンサートの準備とあれやこれやで余裕がなくて
写真が撮れないというのは更新するモチベーションが上がりません。。。^^;

上のも間に合わせ的です^^;
でもこういう模様は大好きです。ボケててごめんなさい。



今日は高のソロの曲をBGMにデジブックをつくっています。
写真がフィルム写真なのでスキャナーで読み込むのですが
いつものvistaにはうちのスキャナーはつながらなくて
2Fのwin2000での作業です。
それがすったもんだでありまして、
やっぱりあまりにもかけはなれたOS2台使うのは周辺機器も含めて面倒ですね。
それでも仕方ないのでこれでまだしばらくがんばります。
でも高の写真にキャプションつけたりは楽しいです。
彼は本当にかわいいのです^^!



実行委員を一緒にしてくれているお二人が本当にがんばってくださって
なんとも頼りがいがあります。
高もこのお二人にはいつもおんぶに抱っこだったんですよね。
最後のおんぶだな。。。
感謝、感謝。



きっちょは今朝半身シャンプーしたらグッタリになってしまった。。。
全身は無理だと思ったので右半身だけシャンプーしたのです。
彼は何もしていないけど、でもやっぱり疲れたみたい。

24日、私はお昼には教会だし、コンサート終わってからも
高と私の家族が集まるので法要の食事会をすることになり、すぐ帰れません。
きっちょのことがとても心配です。
でも神様が必ず守ってくださると信じて委ねていきます。


どうぞ祈り支えてくださいね。




とうわけで、ちょっとキレ気味にテンション上がった私なのでした。
大丈夫か、私?







高の追悼コンサートはこちらから
SOMEONE TO watch over me
[PR]
by widow-motokichi | 2009-10-12 22:54 | 日々のあれこれ