c0199096_22462852.jpg
あなたの眠っている時にも   (オイルパステル)



主はその愛する者に、
眠っている時にも、
なくてならぬものを
与えられるからである。

(詩篇127:2b)



寓意の謎解きになりますが、
右上の鳥はハトで聖霊を表し、
魚はクリスチャンの隠語になっていて
聖霊と信仰がキスしているというのを
表現しました。

そのまんま。。。


ちなみに今年の年賀状用に書いたので
犬は今年の干支を表しています。(笑)









[PR]
c0199096_1945242.jpg

空であう                    (TUNA-KAI クレヨン)



昨日東日本大震災から5年の日でした


いつまでも残るのは信仰と希望と愛です。
その中で一番すぐれているのは愛です。
(コリント人への手紙 第一 13:13)



愛だけがほんもの
愛が一番強い


愛のために苦しくても
愛があったから生きられる


まだ5年
でもこの5年は無駄にならないと思います


慰めがありますように



c0199096_19172057.jpg




この絵は「トナカイクレヨン」という、
道東の標茶町という町で
草木や泥から顔料をとってつくられているクレヨンで描きました。

私がいつも使っているオイルパステルとは違います。

化学染料や銅剤が使われていません。
蜜蝋や、マルセル石鹸、ソーダ灰、羊脂と天然顔料でできているのだそうです。

原色はないとリーフレットにあったけれど、
色を重ねることもできて発色もよく、
なにより1本1本の色が美しいです。
私はそれをまだうまく使いこなせていないけれど
描きながらとても優しい気持ちになれました。

愛の絵を描くためのクレヨン。



↓クリックで飛べるようになりました!??
手作りクレヨン工房 トナカイ《 TUNA-KAI 》




[PR]
c0199096_14431882.jpg
山の上の光 (オイルパステル)




新約聖書 マタイによる福音書5章

5:13 「あなたがたは地の塩である。だが、塩に塩気がなくなれば、その塩は何によって塩味が付けられよう。もはや、何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけである。
5:14 あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。
5:15 また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。
5:16 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」


旧約聖書 イザヤ書43章

43:4 わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。



お久しぶりです。
今年の年賀状用に描いた絵です。

今年はこのマタイのみことばに何度か出会っています。

たまたまお正月に母と空海の話になって、
「空海 最澄」で検索したら“空海が中国で景教(原始キリスト教の一派)を学び
景教の洗礼を受けていた”との記事に出会いました。
そのとき洗礼名「遍照金剛」を授かり、マタイ5:16から来ているのだとのこと。

ちゃんとした本で読んだのではないので真偽のほどはどの程度でしょう?
でも「あら、今年の年賀状のだ」と思ったのでした。


その他にも
「最後の立派な行ないってどういうことなんでしょうね?」
ってSNSで話したり。。。


愛されたから信頼しているし、信じられるし、
信頼しているから偽りなくごめんなさいって裸の自分のままで、
畏れ多くも(!)神さまの前に立てる。

ではどうして愛されているとわかったか?
自分の救われがたさがわかって、それでも救うと書いてある聖書の神さまに
ただ惨めな自分を、もうどうしようもなくさらしただけ。。。

すごい体験をしました。
人知をはるかに超える愛を体験しました。

私は何も特別なのではない。
みんなそうなんですわ〜。
でも「こうやったら体験できるよ!」って言えないもどかしさ…


もうイエスさまを知らない自分ではない。
一生懸命人の愛を得ようとコビを売り、自己啓発し、正しくあろうと努力していた自分ではない。
もう愛はある。
そこから私のキャラのまま、そのまま在るだけで世の中の波紋になる。
というか当たり前のことで、みんなが同じなんだよね。

願わくば私に内住のイエスさまが波紋を広げてくださいますように。
切に、切に。。。祈。



なんだか語ってしまった。。。照
[PR]
c0199096_1653155.jpg
オイルパステル


ご無沙汰してました。(北海道らしく「した。」)

この絵は去年の年賀状用に描いたのです。
今年じゃなくて去年のです。
今になってアップ。。。汗。
今年は年賀状を出せない年でした。


どうして今までアップできなかったかと言うと
ここの投稿の仕方忘れてしまってできなかったからです。

そしてなぜ今できたかもよくわかりません。。。

まあいいや!
[PR]
c0199096_22585534.jpg
2012ケーナコンサート用イラスト

[PR]
c0199096_0124225.jpg
2010ケーナコンサートフライヤー用イラスト



友人にこのブログを見せて喜んでいただけて
久しぶりにアップしたい気持ちになりましたが
最近描いてなくて載せるイラストがない^^;

昔の仕事のをアップいたします。
アンデス地方を中心の民族音楽フォルクローレのコンサート用です。



c0199096_018265.jpg
フライヤーはこんな感じ


たまにイラスト込みの仕事ですが
たいていは他の方の画像や写真を買ってDTPデザインの仕事をしています。
[PR]
c0199096_0513526.jpg


c0199096_154888.jpg
うーん。。。ちょっとサイズが違った。。。




かなり放置していました。
絵も描いてなかったし。。。


こちらは



2012年12月23日 クリスマス礼拝
(ほとんどの教会では25日前の日曜日にクリスマス礼拝をします)

翌24日 クリスマス・イブ・キャンドル礼拝


のご案内DMです。
うちの教会で行われます。



今年は教会員手づくりの紙芝居をプロジェクターに落としたものを投影し
聖書のことばとクリスマスキャロル(クリスマスの讃美歌)によって
お客様と一緒に
クリスマスストーリーをつづっていきます。

お菓子とか24日はお寿司もでるみたいだし
お近くでしたらぜひお越しください^^



このイラストは2002年に私が描いたもの。
DMデザインも私が手がけさせていただいています。

[PR]
by widow-motokichi | 2012-12-17 01:26 | 日々のあれこれ
c0199096_22421718.jpg
               寝ねこ           色えんぴつパステル






そうとう前の絵なんですけど、今日色々整理していたらでてきたので…

実家ではずっとネコを飼っていました
なんかネコとかトラを描くとお尻がセクスィーになります


ここでは何度か出てきたきっちょむも今は亡くなって
今はトイプードルの男の子を飼っています
くりまろといいます

かわいいです^^





ところでここのIDもPWも忘れちゃって
投稿の仕方も忘れて、ここにたどりつくまでにけっこう時間がかかりました…汗
たまにはここもかわいがってあげないとね。。。

[PR]
c0199096_201137.jpg
主の庭 もしくは うっとり鳥とブドウの木(オイルパステル、バターナイフ)

               イラスト保存流用しないでね。
               どうやったら保存できないようにできるのかわからないんです。






みなさま大変ご無沙汰いたしました。


新年、明けましておめでとうございます。

ならびに

信念、明け渡しましておめでとうございます!^^;


クリスチャン的にね^^信念も神様に明け渡してね☆ (説明くどいよ)



この絵には元になった私のとても愛している聖書の箇所があります。
ご紹介しますよ。



旧約聖書 詩篇 27篇4節

私は一つのことを主に願った。
私はそれを求めている。
私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。
主の麗しきを仰ぎ見、
その宮で、思いにふける、そのために。




究極的に私はどんなに苦しくても神様の庭にいて
そこでウットリしていたい。
できるはずなの!

ま。なかなかそうならないけれど、そうなる時もあるんです。 (トーンダウン)


でも泣いてもいいさ。
神様に怒りぶちまけてもいいさ。
神様と私の蜜月があるならば。。。

「人の与えることのできない平安」ってホントにあるのだぁ!



年頭にあたり念頭にあること言っておくさ。 (あんたがたどこさ?もしかして、おやじ?)




ああ、忘れるとこだった!


ブログタイトル『T's widow』 あらため 『イラここ』 にしました。

イラストここいろの略なんですけど
略ありき?道ありき?って感じでお願いします。

で『もときち』でもいいですけど、
せっかくだから『ここいろ』にしようかと思って…^^;
みなさんはどっちでもいいですよ☆
[PR]
c0199096_22404470.jpg
クリスマス-東方の博士のあいさつ   (アクリル)


2002年のクリスマスの教会用のフライヤーのために描いたイラストです。
今年釧路の教会で、この絵を白黒でフライヤーに使ってくださったようで
そのフライヤーを牧師先生が送ってくれたのでした。
(私は釧路でもフライヤー担当していたのでこの絵を使ったことがあります)
その釧路教会のフライヤーを母に見せたら「原画が見たい」というので
何年かぶりに引っ張り出しました。




マタイによる福音書 2:1~11 (リビングバイブル)


イエスはヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムの町でお生まれになりました。
そのころ、天文学者たちが、東の国からはるばるエルサレムにやってきて、
こう尋ねました。

   「このたびお生まれになったユダヤ人の王様は、どこにおられますか。
   私たちは、その方の星をはるか東の国で見たので、
   その方を拝むために参ったのです」

それを聞いたヘロデ大王は、ひどくうろたえた。
エルサレム獣がその噂でもちきりになりました。
 
大王はさっそくユダヤ人の宗教指導者たちを招集し、
   「預言者どもは、メシア(救い主)がどこで生まれると告げているのか」と尋ねました。
彼らは答えました。
   「ユダヤのベツレヘムです。預言者ミカがこう書いております。

   『小さな町ベツレヘムよ。
   お前はユダヤの中でも決して
   ただのつまらない町ではない。
   おまえから偉大な支配者が出て、
   わたしの国民イスラエルを治めるようになるからだ』

そこでヘロデは、ひそかに天文学者たちを呼びにやり、
例の星が初めて現れた正確な時刻を聞き出しました。

  ~中略~

彼らがさっそく出発すると、なんと、あの星がまた現れて、
彼らをベツレヘムに案内し、とある家の上にとどまったではありませんか。
それを見た彼らは、おどり上がって喜びました。
 
その家に入ると、幼子と母マリアがおられました。
彼らはひれ伏して、その幼子を拝みました。
そして宝の箱を開け、金と乳香と没薬を贈り物としてささげました。




絵には神学的にいろいろご意見ご注文もあるかと思いますが
ま、いいですよね^^;

博士たちはベツレヘムまでは星が見えていたのに
ベツレヘムに入って星を見失ったか、
人に「お生まれになったユダヤの王様はどこですか?」と聞いています。
それで王様なら王宮にいるだろうということになったのですね。
でも王宮には赤ん坊はいなかった。
メシアの誕生を恐れたヘロデ王はその子を殺す目的で
博士たちにその子の居場所を教えるようにいいます。(中略の部分)
で、王宮を出た博士たちはまた星を見いだしイエスのもとにたどり着きます。
でもその後夢でお告げを受けて王宮には戻らず別の道で帰ります。


星を見失うって面白いですね。
近づくと見えなくなるものってありますよね。
愛とかもそうじゃないですか?^^;

「OOならはあそこにあるはず!」ってきらびやかなところを目指してみたり^^;

『ああ違ったんだ…』って気づいたときに
また星を見出すんですよね。
博士ったら、もう!私と同じじゃん…^^;

メーテルリンクの「青い鳥」を思い出したりして…

「幸せってこんなところにあったんだね」


イエスさまを求めていたのに近づいて見えなくなっている人いませんか?
教会という器とか、クリスチャンという人とかじゃなくて、
イエスさまという星を見上げて見失わずにいきましょう。
イエスさまと会い、体験し続けるために。。。

…と自分に言ってみる^^;
[PR]